オドレィ・トトゥ   愛してる、愛してない

 ストーリー・演技といい久々に及第点をつけられるDVDでした。始めは恋愛映画かと思ったけれど、なんのなんのストーカーサスペンスです。それにしても物語の構成が上手なんでしょうね、展開が読めず最後まで一気に見てしまった映画です。予告編も何も見ていなかったので、きっと「アメリ」のような映画だろうなと思っていました。全体の雰囲気は似ているけれど、内容はまったく別物といっていいでしょう。女優さんのオドレィ・トトゥもすごい美人というわけでもないんだけれど、魅力的です。
  映画のタイトルは少々いただけないけれど、こういうのが面白い映画というんだろうな。

Aisiteru_nai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤目四十八瀧心中未遂

原作も読み映画も見る。本から想像されるイメージと映画とのギャップがどれ位あるのか、これも楽しみです。今までは原作から作られるイメージの方が優ってましたね。(あたりまえか)

今回見たDVD 赤目四十八瀧心中未遂 
出演: 大西滝次郎, 寺島しのぶ  監督: 荒戸源次郎

かなり前に本を読んだので、すっかりストーリーを忘れてました。
それと赤目四十八瀧がどの様な所かなと思ってましたので、その点では旅行代わりになりました。主役の生島与一を大西滝次郎、相手役 綾の役に寺島しのぶ。

どうも女性の方ばかりに関心が向いてしまいがちです。
原作でイメージした女性と寺島しのぶさんとが、どうも俺の頭の中では一致しないのです。寺島さんには失礼かと思いますが、すごく美人に見えるとき、あるいは不美人に見えるとき、役柄・情景で大きく変化する女優さんです。演技力は十二分な役者さんです。
でも何か違うんだな。まあ他にこの役をこなせる女優さんを思い当たりませんけれど・・・

原作から勝手にイメージを作っておきながら、映画を批評するのも酷です。原作を読んでいなかったら◎でしょう。

本と映画は切り離した方が正解かも。両方は駄目ですね。

Akame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田少年愚連隊  羽賀研二

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球

このシリーズを見るのは初めてでした。こんなに馬鹿しく面白い映画もなかなかありませんね、カオルちゃんを演じる竹内力さん、台詞というより唸り声、まさに怪演です。ストーリーを辿るというよりカオルちゃんのキャラクターをたっぷり楽しむ映画です。

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球 DVD 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球

販売元:松竹
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


このDVDを見てしばらくしてから、ニュースで 羽賀研二恐喝で逮捕(6月30日) と報道されてるのをながめ、この映画にも羽賀研二が出演していたの思い出しました。映画ではやくざの親分から金を騙し取り逃げるんですが、役も事件もやくざをうまく使う点では同じような構図です。この事件は配役の影響もあったんではないだろうかと勝手に想像してしまいます。偶然ではないような気もするんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

仏映画「髪結いの亭主」を見て

DVDで見ました。久々に良いと思った映画です。

ずいぶんと古くさい題名ですが、内容はなかなか。舞台設定に大きな変化がありませんけれど、全編に漂う官能的なイメージ、台詞の無いときに感じられる男女の心の動き 、うーん いい

 ちょっと頷きたくなるような台詞も  

     「旅行なんか大嫌い」 

     「年寄りは善人ではない」   などなど

映画批評が出来るほど、沢山の映画を見たわけではないけれど、なんというか言葉・動作にフランスの文化・ユーモアを感じるような気がしたのです。絞りきったテーマですが、飽きずに見てしまうそんな映画です。

ストーリーはここでは紹介しませがん、後半の急展開もこう くるのかと・・・

 青春を終えたおじさん向きの映画化かな?

 原題 : Le Mari de la coiffeuse  

 製作年 : 1990年  

 製作国 : フランス

Kamiyui

| | コメント (0) | トラックバック (0)