« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年5月

船橋市場 ふなっしー プロレスバトル

 5月18日、ふなっしー他ユルキャラを見に船橋市場を訪ねました。市場45周年を祝うイベントです。
20140518_funaichi_p

3

20140518014

 約5万人の来場があったようです。おそらくプロレスバトルに集まるキャラクターを目当てでしょうね。まあこちらもふなっしーを見に行ったわけですが。

20140518005

Img_7454

Img_7461

Img_7463

Img_7473

Img_7477

Img_7482

Img_7483

Img_7495

Img_7498

Img_7500

Img_7501

Img_7505

Img_7508

Img_7512

Img_7515

Img_7520

Img_7527

Img_7534

Img_7545

Img_7550

Img_7565

Img_7587

Img_7597

 他にも沢山いました。

 目的のふなっしー殿です。

Img_7557

Img_7604


Img_7607

 ふなっしーの後姿 
Img_7693

 凄まじき人気です。
 天気に恵まれと言うより暑さでキャラの皆様は大変でしょうね 。

 熱気でこちらも疲れました。

Img_76062






| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統の桜草 (国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑)

 2014年5月4日、国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑で開催されている特別企画「伝統の桜草」を見学です。以前には「伝統の古典菊」という企画展もありました。
 博物館から若干距離がありますが軽い散歩の距離です。

Img_7277

Img_7283

Img_7377

Img_7285

 4月29日はみどりの日で入苑無料だそうです。

Img_7374

Img_7375

Img_7376

 会場の解説板から

 サクラソウの歴史

 サクラソウは、江戸時代の中期から栽培がはじめられた古典園芸植物で、約300年の歴史をもちます。
 江戸郊外の荒川沿いの自生地で花見をしたり、持ち帰って鑑賞したのが普及のはじまりといわれています。その後、鉢植え栽培の流行によって市民層に急速に普及しました。また、品種改良も盛んに行われ、最盛期の頃には300品種以上もあったと言われています。鉢植えのサクラソウは江戸の手土産となり、各地への普及をうながしました。
 しかし、明治維新を境に武家社会がくずれ、品種が逸散して危機を迎えました。明治後期から大正にかけては、サクラソウの同好会の発足によって復興に向かいましたが、関東大震災によって衰退、そこに第二次世界大戦が追い討ちをかけました。戦後に戦前の同好会が再発足し、地方にも組織が増え、現在に至っています。

 300種以上ですか、変種が生まれ易いのでしょうかね。

Img_7305   

Img_7306

Img_7307

Img_7308

 ネーミングを見るのも面白いですね。

Photo
 ハーモニー

Photo_2
 磯牡丹

Photo_3
 鋸峰

Photo_4
 玉の冠

Photo_5
 金陵台

Photo_6
 三保の古事

Photo_7
 小桜重

Photo_8
 小町紅

Photo_9
 新冠

Photo_10
 千鳥遊

Photo_11
 天女

Photo_12
 天晴

Photo_13
 匂う梅

Photo_14
 白髪獅子

Photo_15
 薄蛇の目

Photo_16
 姫桜

Photo_17
 浮線綾

Photo_18
 北斗星

Photo_19
 夢殿

Photo_20
 明烏

Photo_21
 勇獅子

Photo_22
 夕月

Photo_23
 落葉衣

Photo_24
 瑠璃源氏

 他多数あり。

 雛壇のように飾る鑑賞法もあるようです。

 桜草花壇(段飾リ)の陳列法

 江戸時代後期【天保期(1830~43)】の写本と伝わる『櫻草作傅法』という書物には、桜草花壇の陳列法が記されています。これは間口1間、5段の棚に33鉢、あるいは38鉢、6段に43鉢を花色の順を決めて並べた陳列法で花色や花形の変化を一堂に集めて、多くの鉢を組み合わせて観賞されます。このような総合的な美しさを楽しむために生み出されたのが「桜草花壇(段飾り)」という観賞法です。これはサクラソウのためだけに開発された観賞法です。

Img_7340

 植物苑を入ってすぐ右側に桜草花壇が作られていました。

Photo_26

 西洋的な八重・大輪と違う魅力を見せてくれた桜草の企画展でした。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »